とむむの日々○○ DELL Inspiron Mini 9で、MacOS X Leopardの夢を見る その8
FC2ブログ

とむむの日々○○

埼玉県某市に住む「とむむ」の日記です。 日々前進であったり、日々更新であったり、時には日々後進な日常の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

DELL Inspiron Mini 9で、MacOS X Leopardの夢を見る その8

どーも、とむむです。
先週の月曜日に、NetbookInstallerの紹介をした。
いい機会なので、今時のNetbookBootMakerを使った夢の見方を調べてみたいと思う。

ダウンロード先は、先週と同じで以下から、
http://code.google.com/p/netbook-installer/downloads/list

今回は、NetbookBootMaker 0.8.2 RC3を利用した。
※見たら、RC4がリリースされていた。これから、試す人はRC4を使ってほしい。。

DellEFIBootMakerの頃の分だが、下記のYouTubeを見れば非常に簡単なことが分かるだろう。


NetbookBootMakerを利用するにあたって、気をつけなくてはいけない点が2つだけある。

・インストールに利用するUSBメモリの準備に、MacOSXが動作するMac or PCが必要。
・MacOSX10.5.6のインストールDVDが必要。

NetbookBootMaker自身が、MacOSX上で動作するアプリケーションなので、Mac本体が必要だ。また、NetbookBootMakerを使う場合は、MacOSX10.5.0ではダメなようだ。
ちなみに、とむむの手持ちはMacOSX10.5.0でNetbookBootMakerを使って、USBメモリを作成して、インストールまでは問題なくできた。しかし、インストール後に最初の再起動でkernel panicを起こして、先に進むことができなかった・・・。

DELL Inspiron mini 9がFirstMacになる場合やLeopardのインストールDVDが、10.5.6でない場合は、これまで通りのDellMiniBoot123を使用したインストール方法を実施して夢を見て欲しい。
DELL Inspiron mini 10vの場合は、今のところ、確実にインストールできる方法は、NetbookBootMakerしかないようだ。DellMiniBoot123が動けば、いいのだが・・・実機がないので確認できない。

○準備するもの

1)Mac OS Xが動作するPC(いい機会なので、正規のMacを買いましょう・・・)


個人的には、型落ちのmac miniを中古で買うのが、オススメかな。
中古で買う場合は、必ず、Intel mac miniにすること。PPC mac miniだと多分、動かない。
余っているモニタ、キーボード、マウスがあれば、本体だけでOKだ。

2) Mac OS X 10.5の正規パッケージ(10.5.6以降)


3)USBメモリ(8GB以上)


4)NetbookBootMaker,MacOSX Combo Update
それぞれ最新版を入手した方がよい。
10.5.8のCombo Updateは、こちら

○ブート用USBメモリの準備
1) Mac本体に、MacOS X LeopardのインストールDVDを挿入。USBポートに、8GB以上のUSBメモリを挿入。

2) アプリケーション>ユーティリティ>ディスクユーティリティを実行。

3) USBメモリを下記の設定でフォーマット。
  パーティションのタブで、1パーティション、HFS+(ジャーナリング)を選択。
  オプションで、マスターブートレコードになっていることを確認。
  USBメモリの名前は、OSXDVDに変更。
  上記の設定を行い、フォーマットを実施。

4) USBメモリの復元タブから、MacOS X LeopardのインストールDVDの中身をコピー。
  ソース:MacOS X Install DVD
  復元先:OSXDVD
  となるように、該当するボリュームをドラッグ&ドロップ。
  ※間違っても、Finder(通常のファイル操作)からは、コピーしないこと。。

5) NetbookBootMakerを実行。

6) MacOSX 10.5.8 Combo Updateの中身だけ、USBメモリにコピー。

7) USBメモリをインストールしたいNetBookに刺して、USBブートする。
OSXDVDを選択し、Prepare Boot Driveをクリックする。

8) 通常のMacOSXと同じようにインストールする。

9) インストール完了後、再起動し、MacOSX 10.5.8 Combo Updateをインストールする。

10) MacOSX 10.5.8にアップデート後、USBメモリからNetbook Installerを実行する。

以上で、完了のはずだ。

今、手に入る機種でオススメは、Inspiron 10vだ。


DELLから直接購入すれば、SSDでサイズも選べるので良いかも。
Ubuntuモデルで、16GBで34,180円になる模様。

DELLから、購入する場合は、こちら↓


では、いい夢を見られることを祈りつつ本日のところは終わりにしたい。






関連記事
Comment0
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。