とむむの日々○○ DELL Inspiron Mini 10v(mini 9も含む)で、MacOS X Snow Leopard(10.6)の夢を見る その2

とむむの日々○○

埼玉県某市に住む「とむむ」の日記です。 日々前進であったり、日々更新であったり、時には日々後進な日常の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

DELL Inspiron Mini 10v(mini 9も含む)で、MacOS X Snow Leopard(10.6)の夢を見る その2

どーも、とむむです。

第2回目にして、タイトルを修正した。
というのも・・・Insprion mini 10vがSnow Leopardに完全対応してしまったからだ・・・。




現在(9/6)、対応しているネットブックと制限事項は、以下の通り・・・。
DELL Inspiron mini 10v   制限なし(folumでも、100%動いているという報告あり)
DELL Inspiron mini 9    サウンド不可(サウンドのドライバ等を入れると、sleepに失敗するらしい・・・),sleep不安定(とむむの環境でも、まともに動いていない)

昨日紹介したNetbook Installerは、2009.09.04 15:00 ver.から、2009.09.06 10:09 ver.へとバージョンアップしている。
対応が追加されたのは、もちろんsleepだ。とむむ的にようやく実用の域に達したと感じている。残念ながら、Dell Inspiron mini 9のサウンドは、対応までにしばらく時間がかかりそうな雰囲気だ。

さて、前置きはこのぐらいにして、インストール編を始めたいと思う。
ちなみに、前回のエントリーでも書いたが、インストール方法はこちらのエントリーに書いた方法とほぼ同じだ。

○インストール編

1) Mac本体に、MacOS X Snow LeopardのインストールDVDを挿入。

USBポートに、8GB以上のUSBメモリを挿入。


2) アプリケーション>ユーティリティ>ディスクユーティリティを実行。

3) USBメモリを下記の設定でフォーマット。
  パーティションのタブで、1パーティション、HFS+(ジャーナリング)を選択。
  オプションで、マスターブートレコードになっていることを確認。
  USBメモリの名前は、OSXDVDに変更。
  上記の設定を行い、フォーマットを実施。

4) USBメモリの復元タブから、MacOS X Snow LeopardのインストールDVDの中身を復元でコピー。
  ソース:MacOS X Install DVD
  復元先:OSXDVD
  となるように、該当するボリュームをドラッグ&ドロップ。
  ※間違っても、Finder(通常のファイル操作)からは、コピーしないこと。。
DiskUtilityの画面

この作業が終わるのに非常に時間がかかる。
とむむの実測で、9~10時間程度かかった・・・。

5) NetbookBootMakerを実行。
 4)が終われば、ココから開発版のNetbookBootMakerをダウンロードし、USB deviceは、OSXDVD を選択して、Prepare Boot Deviceを実行する。間違っても、Mac本体のHDDを指定しないこと!

※9/10頃、正式版が公開された。以後、最新のNetbookBootMakerは、こちらからダウンロードするように!

NetbookBootMaker

これで、Snow Leopardインストール用のUSBメモリが完成だ。

6) USBメモリをInspiron mini 10v or 9に挿入し、本体を起動。
 起動時にUSB Legacy SupportをEnableに変更しておく。
 
7) OSXのインストーラが起動したら、ディスクユーティリティを開く。
  Windowsや他のOSのパーティションがあれば壊して、必要なディスク容量をHFS+ & ジャーナリングで割り当てる。(通常は全てでよい。)
フォーマットが終われば、パーティションの中身を オプション>GUIDパーティションテーブル に設定する。
これをやっておかないと、インストール対象のパーティションとして認識できない。
これからの作業が終われば、ディスクユーティリティを一旦閉じる。
その後は、通常通り、インストールを行う。

8)インストール完了後、起動時にUSB Legacy SupportをDisableに変更しておく。
 再起動すれば、OKだ。
 デフォルトでインストールされるNetbookInstallerはバージョンが古い場合があるので、落とし直す。
・NetbookInstaller(開発版)

※9/10頃、正式版が公開された。以後、最新のNetbookInstallerは、こちらからダウンロードするように!

これで、完了だ。とりあえず、動くようにはなったはずだ。
ちなみに、システムプロフィールで、Inspiron mini 9のハードウェアを見たら下記のようになっていた。
ハードウェア

次回は気になる点等や使い勝手をよくする方法等を紹介したいと思う。

お楽しみに~!






関連記事
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

この通りやってみようとしましたが、できませんでした。
分からないのは(7)です。これはどのタイミングで操作すればいいのでしょうか?インストール実行時に起動ディスクを立ち上げてみるのですが、「オプション」らしきものは見つかりません。
それをやらずにインストールしていくと、インストール終了後に起動するとカーネルパニックを起こしてしまいます。
インストールDVDが10.6だからいけないのでしょうか。NetbookBootMaker (NetBookInstaller) は0.8.3です。

追伸:赤字の部分の表記が NetbookBookMaker になっていますよ。

む | URL | 2010年01月03日(Sun)19:31 [EDIT]


Re: タイトルなし

むさん、コメント&タイプミスのご指摘ありがとうございます。
早速、NetbookBookMakerは、直しておきました。

さて、ご質問の(7)ですが、過去のエントリー(http://thcomp.blog40.fc2.com/blog-entry-158.html)にも似たようなことを書いていたので、かなり端折った書き方をしてました。

(7)でやるべきことは、以下の通りです。

1. OSXのインストーラが起動したら、ディスクユーティリティを開く。
  Windowsや他のOSのパーティションがあれば壊して、必要なディスク容量をHFS+ & ジャーナリングで割り当てる。(通常は全てでよい。)

2. フォーマットが終われば、パーティションの中身にGUIDを設定する。
  これをやっておかないと、インストール対象のパーティションとして認識できない。
  これからの作業が終われば、ディスクユーティリティを一旦閉じる。

この部分は大変不親切なので、本文に追記しておきます。

とむむ | URL | 2010年01月03日(Sun)23:13 [EDIT]


うまくいきました

早々にコメントありがとうございます。(7)の意味は分かりました。
実は、すでにLeopardをインストールしてあるのでパーティションはGUIDになっていました。したがって、インストール対象として認識されています。そこで、そのままインストールしたのですが、インストールに成功というメッセージが出るものの、起動できませんでした。
仕方がないので、フォーマットし直してからインストールしたらうまくいきました。Leopard マシンに上書きインストールはできないのでしょうか。
(この件もすでに書かれているかも知れませんが)
ともあれ、ありがとうございました。

ちなみに、(4)の作業は、MBP 15inch で30分ほどで終わりました。USB は Windows 7 RedyBoost 対応の比較的高速のものを使いました。他の皆さんはどうなんでしょうか。

追伸:
老婆心ながら、もう一つ誤植らしきものを見つけました。「その12」の2009年11月にある「完動した」は「感動」では?あるいは、オヤジギャグ的に両方掛けているのかも知れませんが(笑)

む | URL | 2010年01月04日(Mon)16:22 [EDIT]


Re: うまくいきました

むさん、コメントありがとうございます。
上手くいったようで、良かったです。
むさんは、Leopardからの上書きインストールだったのですね。
上書きインストールはしたことがないので、一度やってみようと思っていました。
近々、NetbookCDのテストで、まずはLeopardの上書きインストールからやってみようかと思っていところです。

(4)の作業は他の方にも指摘されましたが、比較的高速なUSBメモリであれば、そんなに時間がかからないようです。私の手持ちが激遅の安物だっただけのようです。(苦笑)

ご指摘のその12の「完動」は、「感動」の間違いです。直しておきました。
オヤジギャグではないですよ・・・。(笑)

とむむ | URL | 2010年01月05日(Tue)00:47 [EDIT]


夢半ば

ご報告ご相談をさせていただきたくコメントいたします。

上に記載された通りに作業を進めましたが,起動するに至っておりません。
使用機種はInspiron mini 9,
OSX/NetbookBootMakerのバージョンは
10.5.6/0.8.3 RC5 および
10.6/0.8.4 RC1 の2通りについて行いました。

いずれの場合も問題点は同じです。
7) のインストールまでは問題なく行えます。
「インストールに成功しました」という表示もでます。

しかし再起動すると,BIOS画面で止まり以下のアラートがでます。

PXE-E61: Media test failure, check cable
PXE-M0F: Exiting PXE ROM.
Operating System not found

恐らくなんらかの理由でSSDにOSを見つけることができず,ネットワーク起動を試みているのではないかと素人考えしているところですが,
このようなケースの報告がおありのようでしたら,解決策をご教示いただけますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

zakio | URL | 2010年05月02日(Sun)16:35 [EDIT]


連投すみません

インストール,成功いたしました。
代えたところはただ一つ。

インストール時にSSDのディスク名を「名称未設定1」から「DELL SSD」に変えただけです。
日本語のディスク名にしたのがまずかったのでしょうか。

お騒がせいたしました。
楽しく使わせていただきます。

zakio | URL | 2010年05月03日(Mon)14:17 [EDIT]


USB出来ました><b

新宿のヨドバシで速度早めのバッファローの
SHD-LV8GSを購入し早速1.63を作ってみました^^
復元ボタン押してからちょうど35分で出来上がりました!文献を参考に早いものを買って正解でした~(ちなみにMacはMacBookProにて制作です)
4千円かからない物なのでその次に早い物と比べても100円しか変わらず。。。
1台は先日知り合いと一緒に完成させたので(Inspiron mini9)10を中古で買って試そうと思ってます^^v制作した9も問題なく動いてます!
OfficeとiLife入ってるだけですがww
スリも問題ないです^^v
ヤフオクでBootUSBを1万ぐらいで売ってる方もいらっしゃいますが。。。インストールDVD買っても7千円で出来るので作った方がお得ですね~
これからも情報よろしくおねがいします!

FlushBackBeat | URL | 2010年06月27日(Sun)16:21 [EDIT]


出来ませんでした…

 こんばんは。SnowLeopardのヴァージョンが高いためか、アップルマークがで、下に起動の回転が表示されるのですが、そこで止まってしまいます。

 何か手だてはないものでしょうか?また、NetbookInstallerの使い方がよくわかりません。よろしくご指導ください。

ハッキントッシュ | URL | 2010年08月24日(Tue)23:37 [EDIT]


Re: 出来ませんでした…

こんばんは、ハッキントッシュ さん。

コメントありがとうございます。
頂いた内容から推測すると、SnowLeopardのバージョンは、10.6.3ですね。
「アップルマークがで、下に起動の回転が表示されるのですが、そこで止まってしまいます。 」というのは、NetbookBootMaker(NBM)で、SnowLeopardをインストール後のお話という前提でお話します。

NBMのバージョンは、0.8.4RC1ですか?
もし、それよりも古いバージョンをお使いでしたら、0.8.4RC1でNBMを作り直してから、再インストールすることをオススメします。
その後、10.6.4にバージョンアップする際は、こちらのエントリー(http://thcomp.blog40.fc2.com/blog-entry-256.html)を参考にしてみて下さい。

とむむ | URL | 2010年08月25日(Wed)23:18 [EDIT]


返信、ありがとうございます。

 NBM、最新のものを使っています。海外の元サイトでのブログも全部チェックしました。こうなると、SnowLeopardの古いものを入手するしかないのでしょうか?因に、Leopardでも同じようで、インストール画面にまで辿り着きませんでした。もっとも、一度だけ、回転が止まらず、いつまでも続いていたことはあったのですが。

ハッキントッシュ | URL | 2010年08月26日(Thu)20:52 [EDIT]


Re: 返信、ありがとうございます。

ハッキントッシュ さん、こんにちは。

インストール時のことだったようですね。
お使いのネットブックの機種は何ですか?mini9ですか?mini10vですか?

とむむ | URL | 2010年08月28日(Sat)11:45 [EDIT]


インテルAtom プロセッサー Z530 (1.6GHz, 512KB L2キャッシュ,533MHz FSB)のmini10vです。やり方を拝読すると、Biosのヴァージョンが低いのかと思います。A4とか。すみません、Windows、くわしくないんです。

ハッキントッシュ | URL | 2010年08月28日(Sat)13:27 [EDIT]


Re: タイトルなし

こんにちは、ハッキントッシュさん。

Atom Z系はmini 10vではなく、mini 10ですね。
残念ながら、Atom Z系は私が紹介しているやり方では、Snow Leopardが動きません。

アーキテクチャ的に近い VAIO Pで、Snow Leopardを動かしている人がいるので、そちらを参考にしてください。
http://saya.s145.xrea.com/archives/2009/09/vaio_type_pnisn.html

とむむ | URL | 2010年08月28日(Sat)18:07 [EDIT]


お教えください

よろしければアドバイスいただければありがたいです。
これを参考にHacBook作りに挑戦を開始しました。
購入したSnowLeopardは10.6.3でしたが、NetbookBootMaker 0.8.4 RC1ならOKのはずですので、作業開始。
ところがNetbookBootMakerでの作業のところでつっかえてしまいました。
開こうにも
「アプリケーション“NetbookBootMaker 0.8.4 RC1”は、このアーキテクチャが対応していないため開くことができません。」
と表示されます。
環境はPowerPCG4、OSX10.5最新(10.5.8)なんですが、0.8.4からPowerPC対象外?0.8.3は開けました。

ふむむ | URL | 2010年09月05日(Sun)13:44 [EDIT]


10vを手に入れたんですが…

 こんばんは。ご親切にお教え頂き、ありがとうございました。今度は間違いなく、Atom Nの10vを入手したのですが、以前のAtom Zよりインストールが進まなくなりました。起動画面の回転が出ません。やっぱり、SnowLeopardの古いのを入手するしかないですねぇ。どこか、持っている方、拝借出来ないでしょうか?虫のいい話ですが。もちろん、きちんとお返しします。

ハッキントッシュ | URL | 2010年09月13日(Mon)21:09 [EDIT]


Leopard、インストール出来ました

 おはようございます。Leopardはインストール出来ました。まぁ、これでも満足ですが、Windows機でもこんなにドッとの細かい表示が出来るのかと、やっぱりSnowLeopardをインストールしてみたくなりました。

ハッキントッシュ | URL | 2010年09月14日(Tue)08:19 [EDIT]


Re: お教えください

ふむむさん、コメントありがとうございます。

早速調べてみたのですが、ご指摘のように0.8.4からは、Intelオンリーになっていました。
残念ながら、Intelマックを用意するしかなさそうです。
もし、Leopardのライセンスが余っているのであれば、そちらを先にNetBookにインストールして、NetBook上でNBM0.8.4を使ってSnowLeopardのブートUSBメモリを作るという・・・やり方なら可能かも知れません。

とむむ | URL | 2010年09月17日(Fri)02:50 [EDIT]


これって

これってMACがないと出来ませんか?

mm | URL | 2011年02月14日(Mon)00:20 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。