とむむの日々○○ DELL Inspiron Mini 10v(mini 9も含む)で、MacOS X Snow Leopard(10.6)の夢を見る その3

とむむの日々○○

埼玉県某市に住む「とむむ」の日記です。 日々前進であったり、日々更新であったり、時には日々後進な日常の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop

DELL Inspiron Mini 10v(mini 9も含む)で、MacOS X Snow Leopard(10.6)の夢を見る その3

どーも、とむむです。

さて、第3回目は現状の気になる点等をまとめていきたい。
ちなみに、NebookBootMakerとNetbookInstallerは、日々バージョンアップしている模様。
最新版のタイムスタンプは、2009.09.07 00:20 になっている。
ちなみに、mini 9では相変わらず、スリープの復帰に失敗する。

まぁ、ちゃんと動かないところは色々あるがいくつか、Leopardから良くなった点、悪くなった点を挙げていきたい。

○良くなった点

・動作が軽くなった!
あくまでも体感ではあるが、Leopardよりも軽い。
Safariの起動時間も明らかに短くなっていると思う。
OSのチューンナップは高性能なマシンよりも、性能が低いマシンの方は現れやすいのだなぁ。と感じた。

・Bluetoothの入切ができるようになった!
Leopardの頃はBIOSでdisableするしか切る方法がなかったのだが、ちゃんとシステム環境設定や、Finder上からも変更できるようになった。
Bluetoothの設定
細かい改善点ではあるが、急にBluetoothを使いたくなった時に助かる。

・トラックパッドのマルチタッチが改善
とむむの環境に依存した問題かも知れないが、Leopardの頃は全く使い物にならなかった2finger scrollなどトラックパッドのマルチタッチが普通に使えるようになった。
これは非常に便利だ。safariでブラウズする時のスクロールが非常に楽になった!

○悪くなった点

・音が出ない。スリープの復帰に失敗する。(Inspiron mini 9の場合)
この2点が解消すれば、本格的にSnow Leopardに移行できるのだが・・・。
しばらく時間がかかりそうだ。

・起動ディスクがデスクトップに表示されない。
最初は何故、そうなっているのか理由が分からなかったのだが、アイコンを見て気づいた。
起動ディスク

どうやら、起動ディスクが内蔵ディスクとして認識していないらしく、USBやFirewireなどの外付けディスクの扱いになっているようだ。恐らく、それが理由でデスクトップに表示されないのだろう。

・バッテリが故障?していると認識される

これは見た目の問題で全く実害はないのだが、Finderのバッテリマークをクリックすると、以下のように表示される。
バッテリ表示
また、システム環境設定の省エネルギーの設定でも、以下のような表示が見られた。
省エネルギー設定
恐らく、Snow Leopardになって、ハードのチェックがLeopardよりも強化されているのだろう。ちゃんと動くようにできるのなら、是非対応してもらいたいが、無理なら表示させなくすることもできないのかなぁ。と思っている。

・システム環境設定の表示が変?

以下は一例なんだが、システム環境設定で、各設定を選択すると、ウィンドウの形やボタンがなくなってしまう現象が起きる。
おかしな表示の例

見た目の問題なんだが、何とかならないのかなぁ。と思う。


とりあえず、今のところ気になっている点は、以上だ。

次はLeopardから続いている既知?の問題的な対処法だ。

・「このMacについて」でCPU名が出ない。

Atomを搭載したMacが世の中的にないので、表示がされないのは当たり前と言えば、当たり前だが・・・。
Leopard時代からaboutthismac.pkgというパッチソフトがあるので、それを試しに使ってみたら、問題なく実行できた。表示も以下の通り。
このMacについて

・日本語キーボードの配列が変!

これも、Leopard時代にとむむが作ったキーボードレイアウトを入れてみたら、問題なく動いた。
インストール方法等の詳細は、こちらのエントリーを参考して欲しい。

とりあえずは、こんなところかな。
まだまだ、ちゃんと動かないところは多々あるが、とむむ的にはこの軽快な動きが・・・気に入っている。一応、予備のSSDでテスト中というステータスではあるが、ここ数日のblogもSnow Leopardで更新しているし、益々気に入ってきたという感じだ。
とりあえず、ここ数日でやってきたことは、今回まででまとめ終わったところだが、日々進歩するNetbookInstallerについては、今後も追っていきたいと思う。
ちなみに、公式サイトには新しくSupportedOperatingSystemsという情報が追加されていた。
サポートOS等
Snow Leopardについては、試験的サポートのようだ。
早く、Works等の表記に変わる日が来ることを願いつつ、早くSnow Leopardで快適な夢を見られることを祈りたい。

それでは、また!






関連記事
Comment3
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

一応インストールできたようですが・・・

はじめまして。
Mini9関係の記事を中心に、いつも興味深く拝見させていただいています。
私も先日Mini9にLeopardにインストール成功して問題なく使用していましたが、OSのアップデートをかけると起動しなくなる(その都度再導入していましたw)ので、いっそSnow Leopardにと思ってこちらの記事を参考にインストールしてみました。
インストール自体は順調に終わったようですが、再起動後カーネル読み込みのところで止まってしまい起動できない状態です。インストール用に作ったUSBディスクから起動しメニューからOSを選択するときちんと動作しますが、次回起動のときもやはりそちらで止まってしまい、リンゴマークまでたどりつけない有様です。
起動ディスクからはちゃんと起動し、動作も問題ないということはBoot時のなんらかの設定が問題だと思うのですが・・・
そのあたり詳しい知識がありませんので、もしおわかりでしたらご教授いただけると幸いです。

よろしくお願いします。

ひで | URL | 2009年09月23日(Wed)14:40 [EDIT]


Re: 一応インストールできたようですが・・・

コメントありがとうございます。

リンゴマークまでたどり着けないということは、Boot Loaderが正常に動作していないように思われます。Netbook Installer(NBI)は、最新版をお使いですか?
OSインストール時のUSBメモリに入っているNBIはバージョンが古いことが多いです。
この機会に、Netbook Installer 0.8.3 RC1をインストールしてみて下さい。
私の環境では起動に失敗することはなかったのですが、起動時に一瞬、Warningのようなものが出ていたのが、 0.8.3 RC1で改善しました。

とむむ | URL | 2009年09月24日(Thu)06:43 [EDIT]


Mini9へのSnowLeopard導入その後

こんにちは
先日はアドバイスありがとうございます。
時間の都合でなかなか再挑戦できませんでしたが、その後改めてNetbookInstallerの最新版でやってみたところ、あまりにも簡単に導入できてしまいました。(笑)
おかげですっかり快適なネットブックライフを満喫しています。
Mini9の良いところはやはりSSDによる清音性と起動速度でしょうか。私は本体SSDにはほぼOSのみとして、アプリやデータは増設した16GBのSDカードを利用しています。XPだと不満ばかりだったものが、SnowLeopardに変更して一段と容量が小さくなったことと合わせて、今はとても満足しています。ちゃんとレジュームも効くし、2本指スクロールも快適ですね。
ちなみに質問なのですが、Mini12でもSnowLeopard導入は可能でしょうか?いろいろ検索してみても、それらしい内容に行き当たりません。Mini10で問題なく導入できるのなら、Mini12でも・・・と思うのですが。ただ、Mini10からはメモリーを増設できないとも聞くし・・・
ご存知なら教えてください。

ひで | URL | 2010年03月15日(Mon)17:25 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。